独身貴族の悩み

悩み多き独身貴族のOL

大手企業でシステム開発の仕事を行っている私は、それなりにお金にも余裕のある独身貴族です。専業主婦の同級生と話していると、彼女たちと比べて私は時間的にもお金の部分でも余裕があって、こういうのを独身貴族と呼ぶのだろうなぁと感じます。でもそんな私にもさまざまな悩みがあり、こういった想いや不安を相談できる友達が少ないことも、若干寂しいと思えるのです。

「お金に余裕がある=美容に力を入れられる」ではない

この年代の女性としては珍しく800万円以上の年収のある私は、同年代の女友達から「高い化粧品を使っているんでしょ?」とか「エステも通っているんでしょ?」と思われています。でも平日のほとんどがお泊り出張ばかりとなっている私は、なかなかエステやリラクゼーションサロンに通う余裕がないのです。また私はもともと美容やコスメへの執着もなく、物欲も少ない方だと思うので、友人知人から「美容に力を入れているんでしょ?」と言われる度に変な気持ちになるのでした。

効果効能より小さなコスメ

お泊り出張が非常に多い私は、コスメに機能性よりもコンパクトさを求める傾向があります。また眠い目を擦りながら出張の準備をする私は、あまりにもたくさんのスキンケア化粧品やメイクアイテムを揃えることも忘れ物に繋がるのかなぁと思ったりしています。新入社員で会社に入ったばかりの頃は、コンシーラーや化粧下地、日焼け止めにもこだわっていましたが、とにかく出張が多い現在は、可能な限り少ないアイテムでスキンケアを完結させたいと感じるようになりました。

 

今回は、そんな私がオールインワン化粧品購入に至るまでの関するエピソードを、日記のようなイメージで当ブログにまとめていきたいと思います。