私の肌は砂漠状態

万年乾燥肌

続いて、今抱えている肌の悩みから、自分に合った肌ケアを考えていきたいと思います。

 

私の肌の悩みで最も深刻なのは、酷い乾燥により皮膚が砂漠のようになってしまっていることです。そんな私の乾燥肌を知る姉は、「デパートに行って美容部員に相談してきたら?」とか「シートパックでもすれば良いのに?」とアドバイスをしてくれます。でも平日のほとんどでお泊り出張ばかりしている私は、気持ちを落ち着けて自分の肌と向き合う精神的な余裕すらないのです。そんな自分の現状を客観視したら、「このままじゃヤバいかも?」という危機感が生まれました。

主張先のホテルは乾燥が酷い

私の酷い肌乾燥には、出張ばかりの生活習慣も大きく影響している気がします。定宿として選んでいるビジネスホテルは、かなり空気乾燥が酷いです。安さが魅力のこのホテルには、加湿器レンタルのサービスもありません。この宿に泊まる時の私は、バスタブにお湯をはったり、濡れたバスタオルをハンガーに掛けて、少しでも部屋の湿度を上げようと頑張ります。でも数時間経つとバスタオルもカラカラに乾いてしまうので、砂漠のようになってしまう自分の肌と同じだなぁ〜と毎回感じているのでした。

出張中でも保湿ができたらいいのに

たまに一緒に出張に行く後輩は、同じホテルに泊まっているのにプルプル肌をキープしています。そんな彼女に肌乾燥と無縁の理由を聞いたところ、化粧品のセレクトや生活習慣などでさまざまなコダワリがあるのだとか。三十路まであと一歩というところまで来ている先輩の私は、全く美容に関心がないので、彼女と一緒に入った居酒屋で「このままじゃヤバいかも?」と改めて痛感したのでした。